kuruma-meta-07-13

メーターの改ざんを見破るプロのテクニックとは?

昔から、中古車業界ではメーターを改ざんして走行距離を誤魔化すという悪質な行為が行われてきました。

走行距離のメーターがアナログだった時代には、メーターパネルを外して文字通り巻き戻していましたが、最近ではデジタル式が主流になってきたために、かつてのようなやり方では数字を巻き戻すことができなくなってきました。

しかし、悪事を働く人間というのは悪知恵が働くもので、メーター改ざん用のコンピュータシステムを開発して、簡単に走行距離を好きな数字に書き換えられるようにしてしまったのです。

中古車に関して知識のない一般の人にとっては、メーターが巻き戻しをされているかどうかを判断することは不可能です。

そのため、走行距離が5万kmだと思って購入した車が、実際には10万km以上走っていたなどということも実際にはあるわけです。

もちろん、そういった悪質な業者は少数派ですし、多くの中古車販売店では不正がないと判断した車だけを販売しています。

万が一、そういった不正にメーターを巻き戻した車を仕入れしまうことがないように、プロの査定士たちがしっかりとチェックをしているわけです。

彼らは、いったいどのようにしてメーターの改ざんを見抜くのでしょうか?

彼らは、まず車の内装に注目します。

ボディは、どんなに走行距離が延びていたとしても、年式がそれほど古くなければきれいな状態を保つことができます。

しかし、つねに人間が触れている部分は誤魔化すことができないのです。

たとえば、ハンドルです。

ここは常にドライバーが触れている部分になりますの、走行距離の延びている車の場合には、明らかに使用感がでてしまいます。

いつもドライバーが握っている部分だけが、ピカピカに光ってしまったりするので、ハンドルを見ることで過走行のクルマを判断することが可能になります。

また、アクセルペダルやブレーキペダルもそうです。

つねにドライバーの足が触れている部分ですので、多くの距離を走った車の場合には、滑り止めのギザギザがすり減ってツルツルになってしまっていたりします。

また、シートのへたりや破れなども重要なチェックポイントです。

走行距離が5万kmと車と10万kmのクルマでは、明らかにシートのへたり具合が違いますので、経験豊富な査定士が見ればすぐに判断ができます。

このように、メーターの改ざんが行われている車が市場に流通していたとしても、しっかりとしたプロの査定であれば見抜くことができますので、中古車は安心のできる大手の業者から買うようにした方がいいと思います。