kuruma-josei-sutafu-07-12

女性スタッフにより査定が受けられるガリバー

日本最大の自動車買取専門店であるガリバーでは、女性スタッフによるサービスに力を入れています。

これまでの中古車の買取り業界は、どうしても男性が中心となっていました。

もちろん、これまでも女性のスタッフの方はいましたが、あくまでも脇役的な存在で、事務的な仕事や受付業務などが主な仕事でした。

しかし、最近のガリバーの女性スタッフによるサービスには、これまでもっぱら男性スタッフの仕事だった査定などのメインの業務も含まれます。

車を売りたいと考えている女性のなかには、男性のスタッフだとどうしても警戒心を抱いてしまう人も多いようです。

自分が納得のいかない金額であったとしても、男性のスタッフから強引に売却を迫られると、断りきれずにその値段で売ってしまうという女性の方もいるかも知れません。

また、出張査定などを依頼するときにも、自宅まで男性のスタッフに訪問されるのは抵抗があるという人も少なからずいます。

ガリバーでは、そういった女性たちのニーズに答えるべく、女性スタッフによる査定業務などのサービスを拡充していったわけです。

2014年には、女性のスタッフだけで組織された出張査定チームである「Lady Gulliver(レディ・ガリバー)」なども誕生しています。

また、ガリバーでは車を買取するだけではなく中古車の販売にも力を入れていますが、こちらも女性が親しみやすいさまざまな取り組みをしているようです。

女性をターゲットにした軽自動車だけを販売する「ガリバーミニクル」といった店舗を手がけたりしています。

このように、ガリバーでは自動車業界に古くから根付いていた、いわゆる「男臭さ」を排除することで他の買取店とは差別化をはかり、女性の顧客を取り込む戦略をたてています。

もともと中古車業界には悪徳業者も多く、一部の大手業者の店舗を除き、女性が一人で気軽に立ち寄れるような雰囲気の店はありませんでした

そういった、古くからの業界の悪いイメージを払拭しようとしているガリバーが、日本国内におけるナンバーワンの中古車買取専門店としての地位を、今後もますます堅固なものにしていくことは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です