kuruma-suokoukyori-07-11

車が走行距離10万kmで寿命だなんてまったく根拠がありません

よく車の寿命に関して、せいぜい10年くらいしかもたないとか、10万km走ったらそろそろ廃車にすることを考えるべきなどという人がいます。

本当でしょうか?

結論から言えば、これらは何の根拠もない真っ赤な嘘であるといえます。

そもそも、走行距離が10万km程度で車の寿命が来るのだとしたら、タクシーはビジネスとして成り立ちません。

なぜなら、タクシーは1年で10万kmほど走ってしまうのが一般的だからです。

もし車の寿命が10万kmだとしたら、タクシーは1年で廃車にしなくてはならなくなります。

そうなると、1年ごとに新車に買い替えなければならないことになり、いまのタクシー料金ではとてもビジネスとしてやっていけなくなるに違いありません。

実際に、タクシーとして新車登録された車の多くは、5年程度活躍したあとに廃車になることが多いようです。

つまり、年間10万kmを走るタクシーが5年間活躍するということは、最終的に50万kmも走ることになるのです。

もちろんしっかりとメンテナンスをしたうえでのことですが、品質の高い日本車は50万km程度ならば問題なく走行できるということをタクシーが証明してくれているのです

それから、こうした日本車の品質を証明してくれているのはタクシーだけではありません。

長距離トラックなども、普通に年間10万kmは走行します。

トラックの場合には、車の価格そのものも高価ですから、そうそう買い替えるわけにも行きません。

実際に、廃車になるまでに100万km近く走行するトラックもあるようです。

こういった事例からわかるように、品質が高い日本車が10万km程度で使い物にならなくなるということは絶対にあり得ないのです。

どんどん新車を買わせたい自動車業界が、あまり長く乗られると困るのでそういったデマを風潮しているのかも知れません。

実際に10万kmを超えて日本国内では価値がないと判断された車が、中東や東南アジアなどの海外に輸出されてどんどん活躍しているという現実があります。

車の10万kmで寿命などというおかしな噂に惑わされないようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です