kuruma-gaisha-07-08

外車を売るなら専門店で売るのがおすすめ

最近は、中古車の買取店が増えてきました。

どこの街にいっても、必ず何件かの中古車買取専門店を見かけることと思います。

しかし、もしあなたがベンツやBMWなどの外車に乗っているとすれば、そういった街の買取専門店に売却すると損をしてしまう可能性があります。

なぜなら、一般の買取店の場合、あくまでも査定のためのデータベースは国産車が中心で、外車のデータベースは非常に少ないというのが実情です。

データベースが少ないということは、買取価格を提示するための根拠になる相場が見えにくいということになるのです。

相場のはっきりしない車をうっかり高額で買い取ってしまった場合、赤字になってしまう可能性もあるわけです。

そのため、買取店は相場のよみにくい外車に対しては、安めの買取価格を提示するしかないわけです。

また、買取りだけでなく売る方に関しても、一般の中古車販売店にベンツやBMWを買いにくるお客というのはあまりいません。

つまり、店に展示をしていてもなかなか売れないわけです。

業者は売れずに在庫になってしまうことを嫌うために、どうしても相場としては安くなってしまうのです。

それに対して、外車の専門店ということになれば話は別です。

買取りをする車はすべて外車のために、データベースが豊富です。

データベースが豊富ということは、正確な相場を把握できるということであり、正確な査定をすることが可能になるわけです。

また、販売に関しても、外車専門店ということであれば、店に来るお客の全員が外車を求めているわけです。

つまり、一般の中古車販売店のように、売れ残って在庫になってしまう可能性が低いということになります。

売れ残る心配が少ないということであれば、ある程度強気の値段設定ができることになります。

高く売れるということは、つまり買取価格も高い金額を提示できるということになるのです。

このような理由から、外車を一般の買取り店に持ち込むというのは、あまり賢いやり方とはいえないわけです。

もしあなたが外車に乗っているのならば、売却をする時には必ず外車専門店に持ち込むようにするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です