中古自動車査定士という資格をご存知ですか?

毎日、中古車の査定に携わっている人というのは、いわば査定のプロといってもいいでしょう。

一般に、プロと呼ばれる職業の人には、資格が存在することが多いものです。

実は中古車の査定を業務とする人たちにも、自分の実力を証明するための資格が存在します。

それが「中古自動車査定士」という資格になります。

国家試験ではありませんので、この資格がなければ車の査定をしてはいけないということはないのですが、自分の実力を証明するための手段として毎年多くの人が受験をしているようです。

民間資格となりますので、イメージ的には英検や漢字検定のようなものだと思っていただければいいでしょう。

中古自動車査定士を取得するためには、日本自動車査定協会が主催する「中古自動車査定士技能検定」を受験して合格しなければなりません。

この「中古自動車査定士技能検定」には、小型車査定士と大型車査定士の2種類があります。

一般の買取専門店の担当者などが取得するのは、小型車査定士の方になります。

つまり、ほとんどの中古車査定士は小型査定士ということになります。

実際、平成24年度の受験者は、小型査定士が12,881人に対して、大型査定士はわずか155人です。

「中古自動車査定士技能検定」の受験資格には、自動車の販売や整備の実務経験が半年以上必要となることと、試験の前に行われる日本自動車査定協会による研修を修了することが条件となっているため、合格率はかなり高くなっています。

平成24年度合格率は、小型が82.9%、大型が98.1%となっています。

事前の研修をしっかりと受けていれば、よほどのことがない限り落ちることはないといっていいでしょう。

試験は、毎年6月と12月の2回行われますが、大型の試験は6月のみになります。

試験に合格したあとは、日本自動車査定協会に登録することで、初めて中古自動車査定士として業務を行うことが可能になります。

登録には、試験に合格しているだけではなく、年齢が20歳以上であるということや、古物営業法に基づく自動車販売店に所属していることなどが条件として求められます。

外車を売るなら専門店で売るのがおすすめ

最近は、中古車の買取店が増えてきました。

どこの街にいっても、必ず何件かの中古車買取専門店を見かけることと思います。

しかし、もしあなたがベンツやBMWなどの外車に乗っているとすれば、そういった街の買取専門店に売却すると損をしてしまう可能性があります。

なぜなら、一般の買取店の場合、あくまでも査定のためのデータベースは国産車が中心で、外車のデータベースは非常に少ないというのが実情です。

データベースが少ないということは、買取価格を提示するための根拠になる相場が見えにくいということになるのです。

相場のはっきりしない車をうっかり高額で買い取ってしまった場合、赤字になってしまう可能性もあるわけです。

そのため、買取店は相場のよみにくい外車に対しては、安めの買取価格を提示するしかないわけです。

また、買取りだけでなく売る方に関しても、一般の中古車販売店にベンツやBMWを買いにくるお客というのはあまりいません。

つまり、店に展示をしていてもなかなか売れないわけです。

業者は売れずに在庫になってしまうことを嫌うために、どうしても相場としては安くなってしまうのです。

それに対して、外車の専門店ということになれば話は別です。

買取りをする車はすべて外車のために、データベースが豊富です。

データベースが豊富ということは、正確な相場を把握できるということであり、正確な査定をすることが可能になるわけです。

また、販売に関しても、外車専門店ということであれば、店に来るお客の全員が外車を求めているわけです。

つまり、一般の中古車販売店のように、売れ残って在庫になってしまう可能性が低いということになります。

売れ残る心配が少ないということであれば、ある程度強気の値段設定ができることになります。

高く売れるということは、つまり買取価格も高い金額を提示できるということになるのです。

このような理由から、外車を一般の買取り店に持ち込むというのは、あまり賢いやり方とはいえないわけです。

もしあなたが外車に乗っているのならば、売却をする時には必ず外車専門店に持ち込むようにするといいでしょう。