kuruma-aka-07

一般受けしないような派手な改造車でも売ることは可能なのか?

車好きが高じてくると車をあちこち改造するようになるものです。

自分が乗っている間はまったく問題ないのですが、いざその車を売るときにはどうなるのでしょうか?

はたして、改造車であっても売却することは可能なのでしょうか?

一口に改造といっても、その程度によりさまざまです。

ノーマルの状態を維持しつつエアロやホイールなどでドレスアップするプチ改造もあれば、もはや車種さえも判別不能なほど外観をまるっきり変えてしまう大改造車もあります。

俗に改造車とよばれるもので一番多い改造パターンは、VIP仕様や走り屋仕様と呼ばれるものです。

暴走族などが好みそうな外観に改造したり、異常なまでに車高を低くして足回りを強化したりします。

このような極端な改造車となるともはや一般受けするわけもなく、売却することは困難であると考えるのが自然です。

しかし、この手の改造車であっても少なからぬニーズがあるようで、そういった車を扱う専門の買取り店であれば売却することも可能なようです。

ただし気をつけなければいけないのは、あくまで車を持ち込むのは改造車を専門に扱う専門店でなければいけないということです。

いわゆるファミリーカーなどを多く取り扱う大手チェーンの買取店などに持ち込んでも、まず相手にされないと思います。

あくまでも、個人経営でVIP車や走り屋専用などにカテゴライズされたカスタムカーを専門に扱う買取店や中古車販売店に持ち込むことが大切です。

一般受けはしなくても、同好の方であればその手の店に集まることになりますので、 そうした店舗に持ち込むことで意外と高値で売れることもあるのです。

その際には、改造前に取り付けてあった純正品の部品があればそちらも忘れずに持ち込こむようにするとベターです。

部品によっては高値で買取してくれる場合もありますし、 ニーズによっては後で純正品に付け替えるということもありますので、部品はすべて持ち込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です