駐車場

どうして車の査定はいくつもの業者で行わなければならないのか?

車の査定は、いくつもの業者で行った方が良いといわれています。

いったいそれはどうしてなのでしょうか?

具体的に説明してみたいと思います。

中古車買い取り業者が、査定をする際に基準とするデータは、実はどこでも変わらないのです。

しかし、現実的にはいくつもの買取り業者に査定をしてもらうと、微妙に金額が異なってきます。

場合によっては数十万円も違ってくることも少なくありません。

なぜそういったことが起こるのかといいますと、大元になるデータは共通であっても、各社によって評価するポイントがそれぞれ異なってくるからです。

ある業者ではまったく問題にならないようなことが、他の業者ではマイナスポイントにされることもあります。

また、多くの業者はいろいろなパーツをつけたカスタムカーなどはあまり評価しませんが、そういったカスタムカーに強い業者であれば意外に高値の査定になったりします。

あるいは、お客様からのリクエストがあって、買取り業者がずっと探していた車を査定にだしたりすれば、かなり高い金額で買い取ってくれるに違いありません。

さらに、インターネットの一括査定などにより、業者同士が競争して結果的に利益を減らして高値をつけるということもあります。

また、買取り業者の中には、車種によってそれを専門に扱う業者がいたりもします。

そういう業者は、その車種に関して独自のルートを持っていますので、一般の買い取り業者では出せないような買取り金額を提示して来たりします。

このように、年式や走行距離によって大まかな相場は決まっていても、業者によってさまざまな理由により買取り価格に差がついてしまうのです。

そういったことを考えると、車を少しでも高く売るためにはとにかくたくさんの業者へ査定を依頼した方が得をする可能性が高いということが理解できるかと思います。

車の買取り価格には、そもそも定価というものがないのだということを、しっかりと認識するようにしましょう。